アコムの審査基準は?審査に受かりやすくする対策方法とお金を借りる手順も解説

アコム

「怪我で長期の入院をしないといけなくなったけど、お金が足りない」や「友人の結婚式で緊急うにお金が必要」など、現在お金に困っている人も多いのではないでしょうか。

生活費や緊急の出費など、お金に関する悩みは案外身近にあります。

そんな悩みを解決するのが、消費者金融カードローンです。

アコムでお金を借りる場合は、最短即日でお金を借りられます。

本記事では、アコムの審査基準と審査に落ちないための対策を紹介していきます。実際にお金を借りるまでの手順も解説していくので、ぜひ最後まで読んでください!

アコムの6つの審査基準

はじめに、アコムの利用申込みで行う時に行われる審査の基準について解説していきます。

アコムもお金を貸すからには、申込み者がしっかりと返済能力があるか返済能力が高いかなどチェックしなければいけません。

そのため、利用前には審査が行われます。

アコムの審査基準は以下の6つです。

  • 申込み条件を満たしているか確認
  • 借入希望額が高すぎないか
  • 他のローンでの支払い滞納がないか
  • 他社カードローンに連続で申し込んでないか
  • 在籍確認を行う
  • 年収と支出のバランスが取れているか

審査でどのようなことをチェックされるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね!

審査基準1:申込み条件に満たしているか確認

アコムの審査基準は、アコムが定める申し込み状況を満たしているか確認します。

アコムだけでなくほとんどのカードローン会社でも以下のような申し込み条件を定めています。

  • 20歳以上
  • 学生不可
  • 本人に継続した安定収入があること

そのため、上記の条件を満たしていない人は審査に通らず、アコムの利用ができません。

また、カードローン会社によっては、年齢上限も設けており66〜69歳までしか利用できないと言うこともあるため、注意しましょう。

外国籍の方の場合は、永住許可を受けている人のみ利用できるため事前にチェックしてください。

審査基準2:借入希望額が高すぎないか

消費者金融やクレジットカード会社が提供しているカードローンは総量規定という賃金業法の定めにより、申し込む人の年収の3分の1までしか借りることができません。

そのため、極めて高い金額を借り入れることはできません。

総量規制は、適度な借り入れから消費者を守って、多重債務者をなくして賃金市場を安心して利用できるための法律です。

各カードローン会社はこの総量規定に沿って運営されているため、希望借入額が3分の1以上だと審査に落ちます。

仮に、審査を通過した場合でも、希望している金額よりも低いため、申込み者の年収から返済能力に見合った限度額となります。

また、他社から借り入れを行っている場合は、その借り入れ金額と合算して計算されるため、注意しましょう。

審査基準3:他のローン会社で支払い滞納がないか

アコムでは、過去にクレジットカードの支払いやカードローンの返済を滞納したなど、過去の利用履歴も審査対象になります。

例えば、携帯電話やスマホの本体の分割支払いが遅れた事も審査の時に信用情報機関に照会するため、バレてしまいます。

クレジットカードやカードローンの支払い滞納が残っていたり、長期的な延滞がある場合は審査でもマイナスに働く恐れがあるため、注意しましょう。

もし延滞を繰り返してしまうと、JICCやCICなど個人の金融信用情報機関に記録が残ってしまいます。

カード利用の申し込み時には金融信用情報機関から信用情報を紹介するため、延滞記録が残っていると審査に通りにくくなります。

審査基準4:他社カードローンに連続で申し込んでいないか

様々なカードローン会社に連続で申し込むと金融信用情報機関にその内容が登録されてしまい、審査の判断材料の1つとなってしまいます。

短期間に複数のカードローン外車に申し込むことで、現在収入と支出のバランスに問題があると判断される可能性が高いです。

そのため、斉間連続でカードローンの審査に通らなかったときは、半年以上は申し込み控えましょう!

審査に通らなかった時は原因を特定せずに、状況を改善しないまま申し込んでも結果は変わりません。

そのため、行った期間をあけてからもう一度申し込み等の対策が必要です。

審査基準5:在籍確認を行う

ほとんどの賃金業者では、審査の時に申し込みをした人が申告通りに働いているか確認するために、触媒の在籍確認を行います。

在籍確認を行う理由として、本人に継続的な安定収入を得られる仕事についているか確認しなければいけません。

お金を借りるには継続的な安定所に置いていることが前提となるため、ほとんどの場合、職場に電話連絡します。

もし在籍確認が取れなかった場合は、融資の前提が崩れるため審査の通過が非常に厳しくなる可能性が高いです。

働いている職場が休み等の理由で電話を受けられない場合は、あらかじめカードローン会社に伝えておきましょう。

審査基準6:年収と支出のバランスが取れているか

カードローン会社の審査では、申込者の収入や支出のバランスが取れているか確認します。

年収が多い人でも借り入れ金額とのバランスが取れていないと判断されれば、審査に通過しません。

カードローン会社に申し込むときに、入力欄には支出情報報告する案はありませんが、自分の年収は申告しなければいけません。

そのためあまりにも返済額の比率が多い場合は、収入と支出のバランスが取れていないとみなされてしまい、審査に通らない可能性があります。

アコムに審査落ちしない4つの対策方法

ポイント

ここまではアコムの審査基準を紹介していきましたが、審査に落ちないか不安な方も多いのではないでしょうか。

ここからは、アコムの審査に落ちないための対策を紹介していきます。

具体的な対策方法は以下になります。

  • 他社カードローンからの借り入れを減らす
  • 勤続年数を1年以上にする
  • 虚偽の内容で審査に申し込まない
  • アコムで借りる希望額は最小限にする

落ちないか不安な方は、是非参考にしてください。

対策方法①:他社カードローンからの借り入れを減らす

現在、アコム以外の他社カードローンから借り入れがある場合は、可能な限り完済するか返済しましょう。

すでに、複数のカードローン会社へ契約がある場合、審査のときに「返済能力に難あり」と判断されてしまいます。

そのため、他社からの借り入れは審査に大きな影響を与えるため、借り入れ金額や件数は好きなくしておきましょう。

また、虚偽の内容を入力しても金融期間共通のデータベースに保存されているCICなどやJICCなどから信用情報を確認するため、アコムにバレてしまいます。

そのため、公式サイトにあるアコムの3秒診断を使って、簡単に質問に答えるだけでアコムからお金が借りられるかがわかります。

ただし、実際に審査が必ず通るわけではないため、一つの目安として捉えておきましょう。

対策方法②:勤続年数を1年以上にする

アコムの申込み条件の中には、安定した収入があることを求められます。

そのため、勤続年数が長いほど、審査時の評価が高くなります。

その理由としてこれまで長期間働いてきたため、今後も働き続けるだろうと判断しています。

逆に、転職したばかりの人は審査に不利となるため、働きはじめてから最低でも6ヶ月、もしくは1年以上の勤続年数だと審査にも有利になっていくため、受かりやすいでしょう。

対策方法③:虚偽の内容で審査に申し込まない

どうしてもアコムでお金を借りたいからといって、申込み時に実際の収入よりも多めに記入したり、正社員と偽って申告してはいけません。

嘘を付いてお金を借りられたとしても、後々バレて詐欺罪などに引っかかる可能性もあります。

アコムの審査担当者はお金や金融に関するプロなので、申込者の嘘がバレます。

また、個人信用情報機関への照会も行うため、そこでしっかり確認できます。

とくに、年収や他社借り入れ状況、勤務先などは審査でも重要視しているため、虚偽の申告が確実にバレやすい傾向にあるため、正直に申告しましょう。

対策方法④:アコムで借りる希望額は最小限にする

アコム申込み時に審査に通りやすくするためには、希望額を最小限にしましょう。

カードローン会社の審査では借入金額が安いほど、審査に通る確率が上がります。

逆に、借り入れ金額が大きければ大きくなるほど、消費者金融側からすると、貸し倒れのリスクが高まるため、アコムではより厳しい審査を行います。

そのため、借入金額を無駄に大きくすると、自分自身で審査通過の可能性を下げてしまうため、適当な金額設定は絶対にやめましょう。

自分の年収と相談して、しっかりと計画を立てましょう。

アコムでお金を借りる時に行われる在籍確認

アコムでは申込み時に在籍確認が行われます。

アコムに限らず、どのカードローン会社でも在籍確認が行われるため、避けられません。

申込者に安定した収入があるかどうかをとても重視されており、正社員や契約社員、アルバイトなど企業などに努めていることが事実か確認しなければいけません。

実際に申告した企業で働いているのかや、その勤務先自体が実在するのかなど、さまざまなことを確かめるための重要な役割を持っています。

ただし、どうしても電話で在籍確認を行ってほしくないという人は、書類による在籍確認にも対応しています。

健康保険証や給与明細書など、定められた書類を提出できる場合は、電話での在籍確認が行われません、

そのため、書類での在籍確認を希望する場合や、在籍確認に対しての心配や疑問点がある場合は、アコムのコールセンターに電話して相談しましょう。

アコムはやばいって本当?口コミ・悪い口コミ

ここまではアコムの審査に合格するための対策を紹介していきましたが、実際に利用している人の口コミを気にする人も多いのではないでしょうか。

ここからは、実際にアコムを利用している人のいい口コミや悪い口コミを紹介しています。

前向きに利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

アコムの良い口コミ

はじめに、アコムを実際に利用した人からの良い口コミを紹介していきます。

良い口コミ1︙初回のみ30日間利息0円で利用できるため、返済の負担軽減ができる

「テレビのCMを見て、30日間の利息0円というサービスを知り、利用をはじめました。友人の結婚式の費用が必要となり、一時的なお金が必要のため利用しました。

借り入れから1週間で返済したので、借り入れ額と同額返済しただけで終わりました。

正直、消費者金融を初めて使ったため出勤には抵抗がありましたが、こんなサービスを受けて好印象を抱きました。

今後、前向きな借り入れを検討したいと思います。」

アコムでは初回申し込みに限り、30日間の利息0円で借り入れを行います。

このサービスは初回の場合のみ適用されますが、初めて利用する方にとっては非常に嬉しいサービスとなります。

特に、30日以内で借り入れを返済できる場合は、借りた額と同額を返せば良いので非常に重宝されるでしょう。

また、短期間の借り入れを考えている人にも、30日間利息0円と言うことで返済額がそれだけ少なく済みます。

良い口コミ2:アコムカードがとにかく使いやすく優秀

「アコムカードは一度作れば、アコムの店舗に実際に行かなくてもコンビニのATMで返済や借り入れができます。利用開始から最近になってその便利さに気が付きました。またクレジットカード機能も付帯できるため、使い勝手が良く非常に便利です。正直まだ使ったことない人にこそぜひ使ってほしいです。」

アコムには、アコムカードという返済や借り入れに対応した公式カードがあります。

カードローン機能に加えて、日々の買い物でも使えるクレジット機能が付いている「ACマスターカード」としても使えます。

このクレジットカードは毎月の利用金額の0,25%を自動でキャッシュバックされる仕組みとなっています。

年会費無料で即日発行も可能なので、とてもおすすめです。

アコムの悪い口コミ

ここからは、アコムを実際に利用した人からの悪い口コミを紹介していきます。

悪い口コミ1:金利がやや他の消費者金融に比べて少々高い

「はじめてアコムを利用したのですが、その時の設定された金利が18%と少々高かったです。もっと低い金利で利用できると考えていたため正直びっくりしました。」

銀行カードローンに比べて、消費者金融のカードローンはやはり金利が高いです。

しかし、消費者金融のなかで比較すると、そこまで大きな差はありません。

実際のところ、他の消費者金融でも初回は上限金利を適用するケースがほとんどのため、仕方ないと言えるでしょう。

悪い口コミ2:初回利用の借り入れ限度額が希望よりも低かった」

「アコムの公式サイトを見たら利用限度額800万円と書いてあったので、それだけお金が借りられると思ったのに、実際は借りられなかった。

大きな金額の融資が必要だったが、審査時に言われた自分の利用限度額が低かったため、残念だった。

正直、もっと借り入れを受けたかったため、柔軟な対応をしてもらいたいです。」

悪の利用限度額は公式サイトでは800万円までとなっていますが、実際には誰でも800万円まで借りられる事はありません。

審査時に提出した条件をもとに、借入限度額が設定されることとなっています。

アコムは他の消費者金融と比べて増加申請がしやすいため、利用を続けていく上で信頼を築きあげることでどんどん増加ができます。

アコムの申し込み〜借入手順を解説

ここまでは、アコムを実際に利用した人の口コミを紹介していきました。

しかし、アコムでお金を借りるまでどのような流れで進めていけばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

ここからは、実際アコムでお金を借りる手順を紹介していきます。

簡単な流れは以下の手順になります。

  • アコムに申し込む
  • 本人確認書類をアコムに提出する
  • 審査完了!電話がかかってくる場合もある
  • 審査結果は最短30分で連絡が届く
  • カードで受け取る

実際にアコムの利用を前向きに考えている人は、ぜひ参考にしてください。

STEP1:アコムに申し込む

はじめにアコムへ利用の申込みをしましょう。

アコムの申込み方法は、大きく分けて以下の5種類です。

  • インターネット
  • 店頭
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送

PCやスマホを使えば、インターネットからの申込みもできます。

必要事項への記入や入力を行って、アコムに提出する流れとなっています。

STEP2:本人確認書類をアコムに提出する

必要事項を記入して提出したあとに、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類を提出します。

学生証はアコムの本人確認書類として認められていないため、注意しましょう。

本人確認書類の提出方法は以下の5種類から選べます。

  • ウェブからアップロード
  • アプリ
  • FAX
  • 来店(店頭窓口、自動契約機)
  • 郵送

郵送で本人確認を提出する場合は時間がかかるため、即日借入を希望する場合は、郵送以外の提出方法を選びましょう。

また、50万円以上の借入を希望する方や他社との借入総額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出も必要となってくるため、事前にしっかりと準備しましょう。

STEP3:審査完了!電話がかかってくる場合もある

申込みと必要書類の提出が完了したら、アコムの審査完了まで待ちましょう。

審査が行われている最中にアコムから電話がかかってくることもあります。

この電話は、自分の携帯電話には申込みの確認が行われ、在籍確認の電話は職場や自宅にかかってきます。

STEP4:審査結果は最短30分で連絡が届く

審査結果は最短30分で完了します。

審査結果の通知方法は申込み方法によって、異なるため注意しましょう。

インターネットから申し込んだ人はメールや電話で結果が通知されて、店頭窓口や自動契約機(むじんくん)で申し込んだ場合は、その場で審査結果がわかります。

STEP5:カードで受け取る

審査に合格した後は、借入や返済のときに必要になるためのキャッシュカードを受け取ります。

カードを受け取るためには、アコム店舗の窓口や自動契約機(むじんくん)を利用するか、自宅へ郵送してもらうかのいずれかになりますよ。

アコム申込時に必要な書類書類

免許証

アコムの利用申込みには、さまざまな必要書類の準備が必要です。

そのため、以下の2点は準備しておきましょう。

  • 本人確認書類(誰でも必ず必要)
  • 収入証明書(借入希望額や他社借入の状況によって求められる)

ほとんどの人はこの2点の書類だけ準備すれば、アコムで契約できます。

本人確認書類は誰でも必ず必要になってくるため、スムーズに手続きが進むように、しっかり準備しましょう。

アコムでは、以下の書類が本人確認書類として認められています。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど、顔写真付きの本人確認証であれば、1点で問題ありません。

ただし、健康保険証を本人確認書類として提出した場合は、住民票の写しが必要となるため、そちらの場合は事前に準備しましょう。

また、アコムでは借入金額に応じて、収入証明書も提出しなければいけません。

以下に当てはまる場合は事前に準備しましょう。

  • アコムで50万円を超える限度額を希望する
  • 他社借入額とアコムでの希望限度額を合算して100万円を超える

ただし、借入希望額が50万円以下でも収入証明書の提出が求められる場合もあります。

具体的な内容は名言されていませんが、以下のような場合は、収入証明書の提出を求められる可能性が高いので、不安な人は一応準備しましょう。

  • 勤続年数が1年未満
  • 申込情報が信憑性が低いと判断された場合
  • 在籍確認の電話を止めてほしいと希望した場合
  • 金融事故情報が記録されている場合
  • 自営業の場合

自営業で働いている人は会社員と違って、収入の有無を確認するのが難しいため、公的書類で証明しなければいけません。

そのため、自営業で働いている場合は必ず収入証明書を提出するものだと予想して、予め用意しておくことをおすすめします。

まとめ

今回はアコムの審査基準や審査に落ちないための対策を紹介していきました。

アコムの審査基準は以下の6つになります。

  • 申込み条件を満たしているか確認
  • 借入希望額が高すぎないか
  • 他のローンでの支払い滞納がないか
  • 他社カードローンに連続で申し込んでないか
  • 在籍確認を行う
  • 年収と支出のバランスが取れているか

アコムもお金を貸すために、「申込者に返済能力があるのか」や「しっかりとした収入があるのか」など、お金を借りる人についてしっかりと見極めなければいけません。

そのため、さまざまな審査基準を設けており、問題がなかったらお金が借りられます。

また審査に落ちないための対策として、以下の4つが挙げられます。

  • 他社カードローンからの借り入れを減らす
  • 勤続年数を1年以上にする
  • 虚偽の内容で審査に申し込まない
  • アコムで借りる希望額は最小限にする

特に、虚偽の内容で審査に申し込まないようにしましょう。

また、複数のカードローン会社へと申し込むと「申込みブラック」状態になってしまい、審査にも通らなくなってしまいます。

そのため、できる限り複数カードローン業者への申込みは控えましょう。

どうしても申込みを行いたい場合は、2〜3社程度にとどめておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です